皮膚医学に特化した鍼灸治療院です お肌のトラブル ご相談ください

鍼灸

東洋医学とは?

東洋医学は
身体をひとつの小宇宙として捉え
そのバランスが崩れたときに
「病」が発症すると考える医学です。

鍼灸はその東洋医学の治療法の一つです。

身体の変化を手で触れながら観察し
状態を把握して鍼や灸を施すことで
身体全体のバランスを整え
正常な機能へと回復をはかる治療法です。

鍼って痛くないの?

痛くありません!

「ハリ」と聞くと【注射】を思い浮かべる方が多いと思いますが、注射針よりも細いハリを使用します。

0.14~0.20mmとだいたい髪の毛と同じくらいです。
ちなみに採血用の注射針は0.70mmですので1/3程度です。

もちろん衛生面を考慮し使い捨ての鍼を使用しています。

※与える刺激量、身体の部位、筋肉の大きさなどにより使用する種類、太さ、長さが異なります。

鍼ってどんな効果があるの?

鍼は
身体の深部に直接アプローチ出来る唯一の手技です!

◆マッサージでは届かない深部に直接アプローチしコリや炎症、痛みを深部から和らげます。

◆捻挫や骨折・肉離れなど、外傷後の治療にも鍼は適しています。患部周囲の炎症を抑える効果もあります。

◆鍼の刺激が脳に伝わり、痛みを鎮める指示がでます。その結果自律神経を調整し、体のバランスを良くします。

お灸って熱くない?火傷しない?

熱くありません!

「お灸をすえる」という言葉から連想すると多くの方々は「お灸=ペナルティ」と考えがちです。しかしこれは間違えです。

本来の意味は「夜泣き」や「疳の虫」はお灸で治療することができ、お灸をすえた後に泣き止んだことから、その光景を見た人が間違った連想をしたのでしょう。

お灸にはいくつか種類はございますが、当院では透熱灸という手法をメインに行っています。もぐさを直接、米粒大にひねり、お線香で火を付けるやり方です。

お灸が燃え切る手前で火を消します。刺激量としては チクッと感じる程度です。

また熱いから効果が高いというわけではございません!むしろ熱いのを我慢することで施術後に水泡が出来る原因ともなります。ご注意ください。

top

~あなたが治る処~
つるのこころ治療院
院長 一色浩太
TEL:03-6755-9381
Mail:turunokokoro@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/turunokokoro