皮膚医学に特化した鍼灸治療院です お肌のトラブル ご相談ください
FLINEtu

枇杷灸01 はじめまして。びわ葉温圧療法 濱田流 師範の一色浩太と申します。

正式には『 枇杷葉温圧療法 』と表記します。「びわ」とはご想像の通りオレンジ色をした丸い果物の「びわ」のことです。これを漢字にすると「枇杷」となります。その枇杷の葉には薬効があり、それを治療で用います。

当療法を簡単にご説明しますと『びわの葉の薬効』『お灸のもぐさの薬効と温熱効果』さらに『指圧の効果』を三位一体で組み合わせた治療法になります。

illust4448主役はあなたです!!

top

当院は大手チェーン店のような設備はございません。

その代わりに大勢の中の1人ではなく、おひとりお一人様と向き合いフルオーダーメイドで治療していく。それが当院の強みです。隠れ家的存在になりたいと考えています。

そのため基本的に1施術…\4,980- でご提供しています。

時間は90分目安となっていますが目的が「つらさの改善」であるため時間は前後いたします。

痛い…つらい…だるい…違和感がある…

この症状を治すのは“ あなた自身 ”です!

あなたにはご自身のお身体を治そうとする力があります。
私達はその自己治癒力を最大限に引き出すお手伝いをすることしか出来ません!
一緒にその症状を緩和・治癒するために考えて行きましょう!

当院は一般社団法人「まほろば東京融合療法研究会」に所属しております。

御一人おひとりの症状と向き合い「治れば善」を基本理念とし、幅広く様々な効果の認められる療法を受け入れそのため完全予約制とさせていただいております!

02



この療法で一番効果が期待されるのが『冷え』を起因とするものです。その中でもこれまでの症例で多いのが「がん」に対する延命です。それは体温が上がり、免疫力の向上が期待できるからです。

A.Sさん 男性 66歳 千葉県
大腸がんで肛門ごと切除しなければならないと言われたが 術前検査で小さくなっていることがわかり、肛門を温存できた。 手術後、食欲なく、体がだるく、疲れやすかったが、 施灸後、顔色良好、食欲がわく。畑仕事もいい汗をかきながら 力いっぱいやれるようになった。

Y.Tさん 男性 62歳 愛知県
cmの初期の肺がん。3か月すると倍になり手遅れになる。 施灸後、6ヵ月で影が消え、医者は首をかしげる。

H.Oさん 女性 44歳 長野県
10×8cm大の乳がん。血膿が出ていて末期がん。余命3か月。 施灸後、3週目あたりから小さくなったことを実感。 2年経ってもご存命。

Y.Mさん 男性 55歳 静岡県
大腸ポリープの手術が決まるが断り枇杷葉温灸を。 施灸後、再検査時に小さくなっていることが判明。手術中止。

T.Kさん 男性 58歳 長崎県
末期の肝臓がん。余命3か月。抗がん剤と併用。 背中に激痛あるも施灸後和らぐ。痛みなく1年の延命ができた。

また「冷え」が改善され、女性科疾患にも効果を発揮しています。

◆普段は「生理痛」がひどく寝込んでしまうような状態だったがたまたま受けた腰痛の治療後に生理が来たがその時は痛みがなく、日常生活が普通に行えた。

◆「子宮筋腫」が大きくなり手術が決まっていたが施術後、術前検査に行ったところ筋腫がなくなっていて手術が中止になった。

◆妊娠35週目で翌週の検診で「逆子」だった場合は帝王切開と言われていたのに、お灸後、検診に行ったら元に戻っており、そのまま自然分娩することができた。

◆不妊治療に取り組んでいたが思うような効果がこれまで出なかった。お灸をしたことで不妊治療の効果が増し、待望の赤ちゃんを授かることができた。

06

著書『医師が知らない余命を延ばすがん養生生活(三交社)』の中で語られていることですが、20113月にたまたま検査に訪れた病院で受けた診断は末期がん…。余命6ヶ月。

腎臓を覆うようにガンが広がり、動脈にまで達していたため手術は不可能。転移もリンパ、肺、膵臓、足や腕の骨、脳など、全身にしており、サードオピニオンしても手遅れの状態だったといいます。

現代医療では打つ手なしの状況から枇杷灸を中心とした各種の代替医療を併用したことで、5年経った2016年、現在もその体験を世の方々に知っていただきたいと元気に講演活動をされています。

自分に合った療養(枇杷灸、食事、温泉、岩盤浴、体操、自然浴など)が出来る場として静岡県の伊東温泉に建てた施設を同じ悩みに苦しむ方々の助けになれば!と一般の方々に「敷地内源泉かけ流しホテル Refresh Care Spa」として開放し、国内にとどまらず、海外からも問い合わせがあり、ご自身の体調と合わせて月に1週間程度、余命を延ばす知識と情報の数々を体験型プログラムとしてお伝えしております。

03

びわの葉は古く仏教医学の中で治療に使われてきました。そもそも仏教医学とは、お釈迦様が唱えた『人間は「生」「老」「病」「死」という4つの苦しみを背負い、「病」から逃れるための教え』のことです。

今から3000年前のインドで仏教医学の経典のひとつの『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』の中でびわの樹を「薬の王者たる樹」という意味の「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」と呼び、葉を「憂いを無くす扇」という意味で「無憂扇(むゆうせん)」と呼んでいました。

『薬効のある植物はいろいろあるが、その中でも大薬王樹は特にすぐれ、枝・葉・根・茎・種のすべてに薬効成分が含まれており、においをかぐもよし、飲んでもよし、炙って身体にあててもよし、手で触れただけでもよし。これら方法を用いれば生けるものすべての病気を治すことができる』、つまり『すべての病気が「びわの樹」で救える』と経典では説いていたのです。

日本には飛鳥時代にインドから唐(中国)を経て伝来しました。当時はびわの葉の表面をあぶって患部をなでるという方法でした。

天平二年(730年)に聖武天皇のお妃の光明皇后が創設された、現在の病院の原型となる「施薬院」でも、「びわの葉療法」が行われていました。これが仏教医学に基づく治療所の始まりとされています。それ以来、全国の寺院で『枇杷の樹』が植えられ、さまざまな方法で難病に苦しむ民を治療してきたそうです。

また明(中国)の時代に著され、内容がもっとも充実した薬学著作の『本草綱目』には「胃を和し、気を下し、熱を清し、暑毒を解かし、脚気を療ず」と枇杷の葉の優れた効能が記されています。

04

これまでびわの葉療法はあぶってなでたり、煎じて飲んだり、お風呂の中に入れたりと多くの療法が確立されてきました。

一方の『お灸』は、真言宗の開祖の弘法大師 空海が唐(中国)で習得し、日本に持ち帰り全国に広め、「灸は身を焼くものにあらず、心に明かりを灯すものなり」と教えました。

その流れをくみ、証誠大師 一遍を開祖とする時宗のお寺、栃木県・真岡市にある「長蓮寺」では1700年頃より約300年間、時の住職が、衆生済度・延命・招福を願い「びわ葉」と「お灸」を組み合わせ、宗教作法として代々『枇杷葉温灸』をお寺に心を寄せる人々に無償で施してきました。

大正から昭和の初期の43世住職の「濱田観冏(はまだかんげい)」和尚は“もぐさ”を筒状の紙に詰め、棒状のもぐさを考案、製作しました。

この「もぐさ棒」をびわ葉の上から押し当て、枇杷葉の薬効と適度な温熱と圧刺激が相まった押し灸の一種が「枇杷葉温灸」の始まりです。

この療法はもともと長蓮寺 濱田家に代々伝わる秘法で門外不出でしたが44世住職の「濱田峯瑞(はまだほうずい)」和尚が、ご本尊たる「福寿弁天様」のご加護を拝する宗教行事として、また科学的な研究を重ね、付き合いのあった「指圧の心は母心」でおなじみの浪越徳治郎氏の「圧を加える方が効果的」との助言を受け、1960年に

①枇杷葉の働き ②温灸の働き ③指圧風の働き

に基づく三位一体を確立し『枇杷葉温圧』と称して、初代宗家として今の形を作り、東京に指導所を構え、全国からお弟子さんを迎えました。晩年この枇杷葉温圧療法を広めることに尽力いたしましたが、2002年没後、その想いはお弟子さんら引き継がれ、都内の墓地に眠ります。

05

3人に1人が癌で亡くなる時代と言われています。戦後、医療が発達して感染症などで亡くなる方は減りましたが、その反面、現代病と呼ばれる疾患が増え、病気の数は減っていません。

私も鍼灸按摩マッサージ指圧師として10年間多くの患者様に巡り合ってきましたが、その多くは対症療法としての肩こり・腰痛を主とした筋肉系のトラブルでした。

しかしこの枇杷葉温圧療法と出会い、お灸(もぐさ)の効果、魅力を再認識し、「がん」や「子宮筋腫」など身体の内部のお悩みまでも解決するお手伝いをする手段を得たこと、とても良き巡りあわせだと感じております。

化学療法のみではなく、長年の経験から良いと培われた民間療法を、もう一度見直し、先人の知恵を活用した人間が本来持つ治癒力を引き上げるお手伝いをしたいと考えています。

この御恩と知識と技術をよりもっと多くの方々に広めたいと思い、宗家より文化伝承し、この度、師範の称号をいただくことが出来ました。

皆様とも良き巡りあわせがあること願ってやみません。

今後、全国に枇杷葉温圧本部認定の『枇杷葉温圧専門鍼灸師』の普及に努めてまいりたいと思います。同じ志を持っていただける方のお問合せをお待ちしております。

ライン逆

【 営業時間 】

10:00~18:00受付終了(定休日:不定休、予約時にお問い合わせください。)
また施術を受けた後、そのまま就寝したいとのお声やそのまま寝ることで治療効果も増大することから、22:00以降ご自宅でのご予約も承っております。

◆1日頑張った自分へのご褒美に!
◆残業終わりで疲れた身体をリフレッシュしたい!
◆明日に疲れを残したくない!
◆部活が終わるのが遅くてメンテナンス出来ない!

そんな方々のご希望に応えます!お気軽にご相談ください!
オンライン予約はこちら

【 施術の流れ 】

☆出張希望の方

大田区、川崎周辺を出張メインで施術を行っております。ご自宅まで伺い施術させていただきます。またはご指定の場所までお伺いいたします。

交通費について
※出張費は距離によりますが交通費として500円程度、別途頂いております。
ただし無料クーポンを発行しております。ご利用ください!

☆店舗希望の方

店舗での施術をご希望の場合には蓮沼院 (大田区蒲田)、または提携店舗にてご予約を承ります。

【 アクセス / 地図 / 駐車場 】
こちらよりご確認ください。

追加料金について
蒲田・蓮沼院の場合には別途追加料金はいただきません。
その他提携店舗での施術の場合には別途追加料金が発生する場合もございます。予約時にお知らせいたします。お問い合わせください。

【他の施術 】

マッサージ 薄毛 美容鍼
乾燥肌アトピー 自分専用 巻き爪
ウオノメ 角質 水虫 がん
ダイエットスポーツ 寝たきり抗老化


大田区でマッサージや鍼灸で健康を支える「つるのこころ治療院」

大田区で数多くのお客様のお悩みを鍼灸マッサージで根本から改善してきた「つるのこころ治療院」は、皆様お一人お一人の症状と丁寧に向き合い、オーダーメイトの治療法をご提案しており大田区を初めとした近隣の皆様にもご愛顧頂いている鍼灸マッサージ治療院です。

予防医学・皮膚医学・スポーツ障害・代替医療を組み合わせた融合療法を主眼に置いた的確なマッサージや鍼灸で、皆様の自然治癒力や免疫力を最大限高めるお手伝いをしております。

また師範を務めます枇杷葉温圧療法により、「がん」の代替医療にも力をいれております。

全身メンテナンスマッサージでお身体の不調改善はもちろん、鍼 (はり) 治療ではマッサージで届かない身体の奥深くの神経を直接刺激し、交感神経活動を抑制する事により身体の硬さをほぐす効果と共に、筋肉に流れる血液量を増加させ、新陳代謝を促し、高いアンチエイジング効果も実感いただけます。

お身体の不調を感じましたら、ぜひ大田区の鍼灸マッサージサロンつるのこころ治療院にいらして下さい。

top

~あなたが治る処~
つるのこころ治療院
院長 一色浩太
TEL:03-6755-9381
Mail:turunokokoro@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/turunokokoro